髭を剃ると肌が荒れてしまう!肌荒れしない髭剃りの仕方は?

髭を剃ると肌が荒れてしまう!
しかも、その上に何度も髭剃りをしていると、肌荒れは悪化し、いずれ吹き出物やニキビなどが出来てしまう恐れがあります。
そこで、肌荒れ対策の一環として、肌荒れしない髭剃りの仕方を知っておくと効果的です。
ここでは、肌荒れしない(しづらい)髭剃りの仕方を紹介します。

■電動シェーバー&T字剃刀共通
【洗顔について】
●ぬるま湯で顔をよく洗う
(熱すぎても冷たすぎても肌に刺激があっておすすめできません。)
(ぬるま湯で洗って、汚れを浮かせます。)
●泡立てネットで石鹸の泡を滑らせるようにして洗顔する
(泡立てることで、肌に対して刺激も和らぎ、肌の隅々までしっかりクレンジングできます。)
●ぬるま湯ですすぎます
(蒸しタオルで肌を温めておくと、スムーズなシェービングが可能です。)
●ウェットシェービング対応の場合、クリーム(シェービング剤)をつける
(クリームをつけることで肌に直接シェーバーや剃刀が触れず、肌への刺激も和らぎ、肌荒れしづらくなります。)
(クリームやローションをつけることで、電動シェーバーや剃刀の滑りをよくし、深く剃ることが可能です。)

【髭剃りの仕方について】
(電動シェーバーの場合)
●90度(肌と垂直)に当てて肌の中央を剃り、シェーバーの重さを利用しながら下ろす感じで剃る
●剃りづらいところは、もう一方の手を添えながらシェーバーを動かす
●顎の下は逆剃りで行うとしっかり剃れます
(逆剃りはむやみに行うと、肌荒れしやすい原因でもあります。)
●鼻や唇は小刻みに剃ると効果的

(T字剃刀の場合)
●基本的に上から下に向かって剃る
●仕上げにだけ斜めに逆剃りを行うようにする
(逆剃りを行うことで、しっかりと剃ることが可能。)
(逆剃りの際は、シェービングフォームを塗ってから行うようにする。)
(逆剃りは、肌を傷つけ易いので、仕上げにだけ行うようにする。)

【髭剃り後のケア (電動シェーバー&T字剃刀共通】
●ぬるま湯で洗い落とす
●高保湿&低刺激の化粧水またはローションを使用する
●乳液やクリームで保湿をしっかり閉じ込める

といったものです。
ほかには、衛生面(刃の取替え)や肌の健康状態(ストレスがあるときなどは控える)を考慮しながら、髭剃りを行うことが大切になってきます。
正しい髭剃りで、肌荒れしづらい健康な肌をキープするようにしてください。