肌荒れしているときに髭を剃る場合はどうすれば良い?

肌荒れしているときには、基本的に髭を剃ることは控えることが大切。
それは、髭を剃ることで肌に刺激が伝わり、肌荒れが悪化してニキビや吹き出物が出来やすくなるからです。
だからといって、髭を剃らないでいると、顔の周りは髭だらけで、とても人前に出られなくなります。
肌荒れしているときに髭を剃る場合はどうすれば良いのでしょうか?

【T字剃刀を避けて、電動シェーバーを使用する】
T字剃刀は肌を傷つけ易い上に誤ってニキビを潰してしまう恐れもあります。
肌が荒れている際は、肌への刺激が弱い電動シェーバーを使用することをおすすめします。

【蒸しタオルなどでしっかり毛穴を開かせて、シェービング剤を塗り、肌を優しくなでるように順剃りだけ行う】
できるだけ逆剃りを避けて、順剃り(上から下へ)だけを行うように剃ることが大切です。

【髭を普通に剃った後、しっかり肌保湿と肌荒れ対策を行う】
あまりおすすめできませんが、髭がどうしようもないくらい多い場合は、剃らないとどうしようもありません。
剃った後に、オロナインなどの肌ダメージを軽減する塗り薬を塗ったり、化粧水で肌保湿をしたりなどの手入れをしっかり行うことが大切です。

【理容師に髭を剃ってもらう】
理容師さんはプロなので、肌荒れを悪化させずに髭剃りをしてくれるのではないでしょうか。

【皮膚科に行って治療を受ける】
肌の周りがニキビが多く髭剃りできる状態にない場合は、一度皮膚科で診てもらって適切な治療を受けることをおすすめします。

1日だけの場合は、マスクで隠すといった方法もアリといえばアリです。