髭剃りで電動とT字剃刀では、どっちが肌荒れしない?

髭を剃る器具として、電動シェーバーとT字剃刀の2種類の方法があります。
そこで、気になるのが、肌荒れ予防にはどちらが最適かということ。

実際、
「髭剃りで電動とT字剃刀では、どっちが肌荒れしない?」
といった質問が少なからずあります。

どちらが肌荒れしづらいのでしょうか?

肌が荒れる原因は、大きく言えば、乾燥と刺激。
まず、乾燥という点から考察すると、電動シェーバーとT字剃刀にそれほど大きな違いはないと言えるでしょう。
というのも、乾燥するのは、髭剃りをした後の処理が適切に行えていれば予防できるからです。
髭剃り後には、きちんと低刺激で高保湿の化粧水で肌を整える習慣をつけるだけで、乾燥からくる肌荒れは予防できる可能性が高いです。

では、刺激という点ではどうでしょうか?
これは、明らかに電動シェーバーの方が低刺激かつ肌に優しいです。
電動シェーバーというのは、肌表面に生えている髭を剃るだけで、肌内部にほとんど負担をかけません。
一方、T字剃刀の場合、髭の生え際を剃っていくため、誤って肌の角質層も削ぎ落としてしまう場合が多いのです。
すると、肌バリア機能が落ち、保湿効果がうすまり、肌荒れしやすくなるのです。
また、T字剃刀の場合、金属アレルギーの方も肌荒れや悪い症状を起こす可能性も考えられます。
敏感肌のかたは、電動シェーバーでケアすることをおすすめします。

それでも、電動シェーバーでも衛生面という点では考え物。
肌荒れ予防には、使用する髭剃りの機器にもよりますが、その後のお手入れが重要になってくるようです。