髭剃り後に肌荒れをするのはなんで?肌が荒れる原因とは

髭剃り後に肌荒れをするのはなんでなのでしょうか?
それは、髭剃りの際に、髭だけなく一緒に角質層まで削りとっている可能性が考えられます。

角質層が削り取られるということは、肌のバリア機能が低下して、肌の水分までも失われてしまうのです。
これが、肌のカサつきやヒリヒリ感につながるのです。
つまり、髭剃りのあとは、しっかりとした肌保湿&肌バリア機能を高めることが大切になってくるのです。
髭剃り後は、しっかり洗顔をして、肌の保湿力を高めたりするために、化粧水&保湿クリームを塗っておくと効果が期待できるかもしれません。
もちろん、髭剃り後に肌荒れをする理由はそれだけではありません。

髭剃り自体が衛生的ではなかった場合だって肌が荒れたりニキビが出来たりする場合もあります。
使いまわしは本来NG。
自分専用の髭剃りを使い、衛生面には気をつけて使用することを心がけてください。
また、髭剃りをシェーバーではなくカミソリでしている場合、カミソリ負けをして肌荒れをしている場合があります。

カミソリ負けが頻度に起こるようでしたら、肌に優しいシェーバーでやった方が良いかもしれません。
いずれにしても、髭剃り後の保湿&肌バリアを行っておくことが大切です。