髭剃りで肌荒れした後にニキビができるのはなぜ?

「髭剃りで肌荒れした後にニキビができるのですがなぜでしょうか?」
こんな悩みを質問されている方も非常に増えてきています。

髭剃り後にニキビが出来てしまうのは、何が原因なのでしょうか?

第一の原因として考えられるのが、肌荒れしている状態で髭剃りをすること。
肌荒れしている際は、基本的には髭剃りは控えたほうがいいです。
というのも、肌荒れしている状態は、肌への刺激を守ってくれるものがほとんどない状態なのです。
そんな状態で、刺激のある髭剃りを行うと、肌はますます敏感になってニキビや出来物ができてしまうのです。
基本的に肌荒れは治してから、髭剃りを行うようにしてください。

第二の原因として考えられるのが、髭剃りやシェーバーが衛生的ではないということ。
髭剃りやシェーバーを何年も同じものを使用していると、刃や剃る部分にカビや汚れが溜まっていき、剃ることで逆に肌を汚してしまう可能性があります。
そのまま、洗顔もせずにいると、やがてニキビや出来物などが出来る可能性も十分考えられます。
肌に触れる機器は衛生的に保つことも大切です。

第三の原因として考えられるのが、髭剃り後のスキンケアをきちんとしていないということ。
髭剃り後は肌が敏感で外部の刺激を受け易い状態。
したがって、肌バリア(肌保湿)をしっかりしておかないと、すぐにニキビや出来物ができてしまいます。
髭剃り後のスキンケアはきちんと行うことが大切です。

第四の原因として考えられるのが、疲れている状態やストレスがある状態やホルモンバランスが乱れている状態で髭剃りを行うこと。
これらの状態で髭剃りによって肌を刺激することで、肌が荒れやすくなってしまい、次第にニキビや吹き出物ができてしまう場合があります。